ソーラーパネルで蓄電したエネルギーで家庭用エアコンを稼働

今回は、キャンピングカー(ディブレイク)に (^^)/

家庭用エアコンを取付て、ソーラーパネルより蓄電したエネルギーでエアコンを稼働させました。

まずは、ディブレイクに搭載されています→調子の悪い発電機を撤去して、そのスペースに

エアコンの室外機を取付ます。 室内機はトイレルーム内を潜り抜けリビングの収納庫に

室内機を取り付けます。

 

それでは、本題に入りま。

ルーフに160W 単結晶 パネル 2枚を設置します。

ソーラーパネルのエネルギーを最大限有効に使うために MPPTチャージコントローラー

を使い、その電力をサブ・BATTに蓄電させます。

 

サブ・BATTに蓄電されたエネルギーをインバーターにて正弦波交流に変化して

家庭用エアコンを起動させています。

 

下記の動画は、その時の工事風景を収めた動画です。

 

 

 

エアコンの消費電力は400w未満で稼働します。

 

 

About rvline

最近、イタリア製の Wilier Lavaredo ロードバイクを漕いでいます。 目指すは、脱メタボリック!!  風になって!ゴールを目指します(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© RV line All Rights Reserved.