トレーラーカプラ 配線テスター 自作品

 

 

おはようございます (^^)/

今回は、トレーラを点検 確認する時にとても便利な自作テスターを作りました。

仮の名称 → 13Pカプラ測定器

車両側測定

車両側に設置された7P及び13Pカプラに接続して、車両側の点灯とテスターの点灯を

目視で確認が出来ます。

トレーラ側測定

トレーラの7P及び13Pカプラを『カプラ測定器』に接続して、テスター側よりトレーラの

灯火類を点灯出来ます。このテスターを使えばトレーラを単体で簡単に灯火類の確認が出来ます。

 

ヨロッパ13Pカプラには、(走行充電回路)(冷蔵庫回路)を有したトレーラもありますので、トレーラカプラ9番&13番 電圧測定 電流供給 加えて カプラ10番&11番 電圧測定及び冷蔵庫の電源 走行充電電源をトレーラ側に出力できます。安全回路として15Aのブレーカを設置して、トライモード時には、3Afuseで確認します。

 

こちらが、自作した なんちゃってテスターです。

見栄えは・・お上手にも・・宜しくありませんが、機能はOKです。

 

 

ヒッチテスター (4)

牽引車側(トラクター)の7ピン及び13ピンカプラに繋いで、牽引車側の出力が出ているか?

間違って配線されてないか?を確かめるテスターです。

13Pカプラでは、走行充電回路 冷蔵庫回路などを出力しているタイプで有れば、その電圧も計測出来ます。

オプションで2番backFOG 空き12番を使用している車体でも 簡単にその情報を取り出せるように

明記してあります。

 

ヒッチテスター (1)

 

もう一つの使い方

ヒッチテスター (3)

 

トレーラー側の7P及び13P 配線カプラをテスターのカプラに繋ぐと

測定テスターからトレーラの灯火類の点灯を確かめる事が可能です。

加えて、走行充電装置 冷蔵庫電源の供給も出来ます。

特殊な電機ブレーキ車は、2番及び12番を使用してるので その端子は仕様していません。

それと 2番backFOG 12番 空き この端子を使ってバックカメラの配線をしてある

トレーラの出力をRCAで出してモニターに写せます。。。。。。

 

 

 

まぁ~誰も褒めてくれないので・・自己満足の世界ですが・・

 

 

 

撃沈

 

 

 

“(-“”-)”

 

 

!(^^)!

 

 

 

About rvline

最近、イタリア製の Wilier Lavaredo ロードバイクを漕いでいます。 目指すは、脱メタボリック!!  風になって!ゴールを目指します(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© RV line All Rights Reserved.